スポンサーリンク

海外旅行

(海外旅行)カリフォルニア州 モントレー観光

モントレー(Monterey)はサンフランシスコから南に200㎞のところにある古い港町で、半島となっている。
また、高級リゾートとして知られるペブルビーチ(Pebble Beach)があり、2019年の全米オープン(ゴルフ)が開催されるペブルビーチゴルフリンクスもここにある。

サンフランシスコから2時間半かけてドライブした。

アメリカはハイウェイも広い。片側4車線もある。
ただし、道路の質(でこぼこの程度やうねり等)は断然日本が良い。

ロサンゼルスの方向に進む。

田舎のハイウェイはこんな感じ。

そうこうするうちにモントレーに着いたので、公営駐車場(24時間7ドル)に車を停めて散策を開始する。

これはカリフォルニア州旗。

港に突き出した桟橋周辺にフィッシャーマンズ・ワーフがある。
ここにはたくさんのシーフード・レストランや土産物のショップがあり、観光客で賑わっていた。

レストランはほとんどがシーフードレストランであり、軒先ではクラムチャウダーを試食させてくれる。
赤いエプロンをしたおじさんに "Can I taste it?" と言えば快く試食させてもらえた。

三軒ほど試食し、一番美味しかった "Old Fisherman's Grotto" で昼食をとることにする。


これがそのクラムチャウダー。
アメリカのクラムチャウダーはしょっぱいのが多いのだが、ここのは薄味で日本人好みだと思う。

途中のどこかで試食しているときにクーポン券をもらったので、それを見せるとエビのフライを付けてくれた。
これも美味しかった。

サーモンとアスパラガスのドリア。

筆者は注文していないが、エビのカクテルがここの自慢のようだ。

お腹いっぱいになったので、町のトレイルコースを散策する。

海岸沿いを歩く。

海に何やら見えたので、よく見てみると、、、


アシカだった。

パドルボードが横を通り過ぎていく。

1㎞ほど歩くと、キャナリーロウ(Cannery Row)の看板が見えた。
キャナリーロウは日本語に訳すと「缶詰通り」。
その名の通り、この辺りはかつてはイワシの缶詰工場が並んでいた。



キャナリーロウを進む。


"sardine" はイワシのこと。缶詰工場の名残り。

しばらく行くと、水族館に到着した。レストランやギフトショップだけでなく、
水族館もかつての缶詰工場を再利用しているようだ。

高いがせっかくなので、入館することにする。

内部には缶詰工場の名残があった。

熱帯魚。クマノミと青いのはナンヨウハギかな。

カレイが保護色であることを証明する水槽。

名前は知らないが、このクラゲ達には癒された。

ハンマーヘッドシャーク。

外洋魚であるシイラも泳いでいた。

水族館を出て、アメリカの老舗チョコレート店"GHIRADELLI"でお土産を購入する。

買ったのは、シーソルトカシューナッツのチョコとモントレー限定の品。

モントレーではマリオットに宿泊した。
筆者は、ここ10年くらいスターウッド系列のホテルを愛用していたが、
昨年、スターウッドグループとマリオットグループとリッツカールトンホテルが
合併したので、今年からはマリオットにもどんどん宿泊しようと思う。

翌日も車で移動した。昨日から運転している車はトヨタのRAV4。
トヨタだからもう少し柔らかい足回りかなと思っていたのだが、これはアメリカ専用車らしく、
しっかりしたサスペンションで好印象だった。


有料道路である "17-Mile Drive" を走る。海岸沿いを走り、高級リゾートと住宅が点在している。

今年の6月に全米オープン(ゴルフ)が開催されるペブルビーチゴルフリンクス。
1プレー525ドルとのこと。

過去の優勝者。ジャック・ニクラウスやトム・ワトソンやタイガー・ウッズ等そうそうたるメンツが名を連ねている。

パターの練習中。

18番ホールは見学できるらしい。

しかし、残念ながら工事中だった。今年の全米オープンに向けて観客席を作っているのだろうか。

ショップ。

ペブルビーチを後にして、サンフランシスコに戻ってきた。
最後にゴールデンゲートブリッジを観光した。

帰りの機内。

帰りは和食をチョイス。

日本に戻ってきた。

カリフォルニアといえども2月はよく雨が降るらしいのだが、幸いなことに筆者が訪れたときは概ね晴れであった。
道路の広さや滝の大きさ、岩の大きさ等、アメリカは何でも大きいなと思わされた。
しかし、これでも巨大なアメリカのほんの一部であると考えると、すべてを見て回るのは到底困難なことであろう。

いずれルート66などをドライブして、アメリカの「デカさ」を益々実感してみたいと思った。

スポンサーリンク

-海外旅行

© 2021 山歩き町歩き日記 Powered by AFFINGER5