スポンサーリンク

西国三十三所

西国三十三所観音巡礼 第二十六番札所・法華山・一乗寺

先ほど、播州清水寺を出発し、車を南西に向けて走らせ、次の札所である一乗寺に向かった。

参拝日:2020年9月22日

法華山・一乗寺は兵庫県加西市に位置する。

のどかな田園を走り抜ける。

11:45、一乗寺の無料駐車場に到着。

駐車場のすぐ隣が境内となっている。

一乗寺の山号は法華山。宗派は天台宗。
開基は播州清水寺と同じく、伝説のスーパー老人・法道仙人。
西国三十三所の第二十六番札所である。

境内は、下から階段で上っていくというつくりになっている。
今日は奥の院の開山堂と賽の河原まで行くつもり。

写真奥の左手で拝観料500円を納める。

ここから石段を上っていく。

階段を上りきったところにある常行堂。比叡山と同じく、常行三昧などの修行を行うお堂だろう。

さらに石段を上っていく。

次に見えてきたのが、国宝・三重塔。
平安末期の建立だから、1000年近く建っていることになる。
こう見ると絵画のように写っている。

さらに坂道を上っていくと鐘楼が見えてくる。

鐘楼の向かい側に本堂となる大悲閣がある。

左が本堂。

コロナ禍の影響で、最近はどこの手水舎もクローズしている。

本堂に外陣から鐘楼を望む。

本尊は聖観音(しょうかんのん)。手前に見えるのは御前立。

一乗寺の御朱印。「大悲閣」と書かれている。
ご詠歌は「春は花 夏は橘 秋は菊 いつも妙なる 法の華山」。

本堂から見える三重塔。

御法堂。鎌倉時代。

妙見堂前から見た本堂。懸造りとなっている。

妙見堂と弁天堂は室町時代の建築。

さらに奥の院へと進む。

奥の院となる開山堂が見えてきた。

開山堂。スーパー老人・法道仙人が祀られている。

そのさらに奥にある「賽の河原」に進む。

ところどころ、石塔が作られている。

石段を上っていく。

賽の河原に到着。

大きな石の下にはお地蔵さんが安置されている。

親に先立って亡くなった子供は三途の川で石積みの刑となり、石塔を作ろうとするが鬼がそれを邪魔する。
最終的にはお地蔵さんが救ってくれる。
この石塔も、子を亡くした親が作ったものだろうか。

さて、少し迂回して戻ることにする。

先ほどの播州清水寺と同じく、ここにも放生池がある。

真新しい太子堂。聖徳太子とどのような縁があるのかは不明。
国宝「聖徳太子及び天台高僧像」が一乗寺の所蔵だったからかな。

12:30、元の場所に戻って来た。

次の札所は書写山の上なので、車でロープウェイ乗り場に向かおう。

スポンサーリンク

-西国三十三所

© 2021 山歩き町歩き日記 Powered by AFFINGER5