スポンサーリンク

高野山

高野山参与会に入会しました

先月、京大坂道を通って高野山までハイキングしたときに、金剛峯寺にて参与会というものに入会したということを報告しました。

 

会員になると様々な特典がありますが、先日、参与会から宅配便が届きましたので、待遇品や特典についてご紹介します。

 

 

参与会とは

参与会というのは、『お大師さま公式ファンクラブ』といわれており、お大師さまや真言密教の魅力、高野山の良さを広める活動をする崇敬組織として誕生しました。

 

 

ここでは、どんなものが届けていただけるかについてご紹介します。

 

委嘱状(いしょくじょう)。
参与になったからには、お大師さまの魅力や高野山の良さを広めていかねばなりません。

 

 

 

檀信徒手帳。
お経や真言が載っており、予定表なども書き込むことができます。

 

 

 

これは、高野山のお堂や伽藍や仏像がかなり詳しく説明されており、180 ページもあります。
そのへんのガイドブックよりもよっぽど役に立ちます。
私には非常にありがたい本でした。

 

 

 

第4集ということは定期的に発刊されているのでしょうか。
お坊さんの法話が7つ掲載されていました。

 

 

 

会報ですね。
まあ、ファンクラブですから(笑)

 

 

もともと参与会に入会すると、根本大塔、金堂、金剛峯寺、霊宝館、徳川家霊台の拝観料が無料になります(年間何回でも)。
しかも、同行の家族や友人1名様まで無料となります。
それとは別に、、、
特別待遇券。
根本大塔、金堂、金剛峯寺、徳川家霊台の拝観料が無料になる特別待遇券です。
大師教会授戒券付。
券裏に会員の名前を記入して、友達にプレゼントすることができます。
これだけで、金堂500円+根本大塔500円+金剛峯寺1000円+徳川家霊台200円+授戒1000円=3200円になります。

 

 

 

各干支の守護仏さまの絵はがき。

 

 

一筆箋30枚綴り。
最近字を書く機会が減っているので、思いついたことなどをこれにしたためよう。

 

 

 

一生に一度だけ授与される、「五三の桐」の紋が入った会員バッジ。
参与番号(会員ナンバー)が入って、自分だけの特別な一品になります。
参与会では、会員袈裟に付けることが推奨されています。

 

 

 

輪袈裟に付けるアルミ章。
毎年新しいものが届くので、付け替える必要があります。
高野山では、アルミ章が付いた輪袈裟を身に付けることによって、各お堂の拝観料が無料となります。

 

 

輪袈裟。

 

 

 

輪袈裟にバッジとアルミ章を付けるとこのようになります。

 

 

 

参与会に入ることのメリット

1.根本大塔、金堂、金剛峯寺、霊宝館、徳川家霊台の拝観料が無料になります(年間何回でも)。
しかも、同行の家族や友人1名様まで無料となります。

 

2.高野山金剛峰寺に参拝するたびに、お線香あるいは匂い袋、あるいは高野山霊木箸がいただけます。

 

3.筆者はこれが楽しみなのですが、授戒や阿字観の体験、法話の聴講などを行う会員研修会へ招待されます。

4.奥之院にある枢議・参与物故者慰霊碑に参与会員の氏名が祀られ、永く供養していただけます。
会員が死亡した時は、高野山真言宗管長さまより弔辞及び弔電を奉呈いただけます。

 

5.高野山内にある各店舗を利用した際、会員袈裟と会員証の提示で、さまざまな特典を受けられます。
割引や粗品プレゼントなど内容も盛りだくさん。

 

 

参与会員のグレード

筆者はまだ一年目の新米ですが、会員を継続すると袈裟のグレードが上がります。
継続5年目には、輪袈裟に付ける紺色の五本線の紋章が届けられ、さながら航空機パイロットの肩章のようです。

そして、10年目には輪袈裟の「房(ふさ)」が特殊なものに変わります。
20年目には輪袈裟の色が緑色になり、30年目には朱色に変わります。

まあ、生きている限り続けていこうと思います。

 

 

 

お得な入会方法

参与会の年会費は一年間1万円で、期間は4月~翌3月です。

したがいまして、なるべく期間の初めとなる4月、5月、6月頃に入会するのがお得だと思います。
逆に、2月、3月なら、年度明けてから入会される方が良いと思います。

 

年会費は必要ですが、上記のような特典があることを考えると、むしろお得な気がしています。

筆者は、年に何度も高野山を訪れていますので、参与会の特典を享受し、またそれを他の人に広めていければと考えています。

スポンサーリンク

-高野山

© 2021 山歩き町歩き日記 Powered by AFFINGER5